kamelog

イラストレーターkameのいろいろ

にゃーちゃんの足音の話

一緒に暮らしているにゃーちゃんの話。

ブリティッシュショートヘアの2歳の女の子なんですが、

多分ブリショでは珍しい(?)パステルミケです。

宇宙一かわいい猫です。

かわいすぎて描けません。

ブログ用に描いてみたんですがこれが精一杯でした。

あまりにもかわいすぎると描けないということがわかりました。

f:id:kameillust:20181206010506j:plain

ブリショってふっくらしてるフォルムだから、うちのにゃーちゃんは標準体型だとずっと思ってたのですが、獣医さんにデブ猫認定されてしまいました。

おやつ禁止してます。ちゅ〜る食べたいね…。

 

今日、席をたってトイレに向かって歩いてたら、

後ろから「とっとっとっと」って足音させてついてきて、その音のあまりのかわいさにびっくりしました。

あとテンションあがるとめちゃくちゃに走り回るんですが、その時の足音は「ばからっばからっ」って感じ、軽快ではない馬の走る音みたいです。

これもめちゃくちゃかわいい。

鈍臭いときはドタドタ走ります。かわいい。

キャットタワーとか高いところから飛び降りる時は、「どすん」と立派な音がします。

 

にゃーちゃんと暮らしてたら、「猫とは?」ってなるよ。

とにかくかわいい。にゃーちゃんかわいいという話でした。